大人社会のいじめと被害!!私もいじめられました!!いじめ体験記1

こんにちは。 まほろです。

貴方は、いじめにあったことがありますか?

私は、介護職に入って一番最初に就職した施設で大人いじめに遭いました。

それは、それは、壮絶なものでした。

この歳になって、まして、自分がいじめの被害に遭うなんて思いもよらなかったから。

「ああ、これがいじめなんだな」とTVでしか見たことがなかった現実が

そこにありました。

私は、私の人生で、これで2度のいじめにで遭いました。

とにかく、いじめがまして、大人なのにこんなに辛いものだと

本当に知らされた10ヶ月間でした。

いじめられていた現実はTVであるそのものと全く同じでした。

大の大人なのに!!

どう頑張っても回避できない!!

誰も助けてはくれない!!

それでも、私は必死に解決しようと頑張りました。

「私のどこが悪いの?」

「私の何が気に食わないの?」

「私が何か悪いことでもした?」

そんな想いの毎日でした。

正直、一番怖いのは人間です。

銃や刃や爆弾を持った人間ではなく、

人間そのものの言動です。

それは、どんなに遠くから射撃できる銃よりも

どんなに鋭くキレる刃よりも

そして、水爆のような一瞬にして消えさせられるような爆弾よりも

怖く、鋭く、いっそ、一思いに殺して欲しいぐらいの痛いものでした。

いじめの始まり

私は、20年間務めていたキャディを膝の手術によってやめなくてはいけなくなり、

入院していた時に横のベッドにいた、60歳でケアマネの試験に合格した女性から、

入院中、毎日のように介護の仕事が素晴らしいことを洗脳され続けました。

退院後、すぐに住んでいるところよりはるか北の田舎の特別養護老人ホームへ面接へ

行きました。

洗脳が実行になってしまったのです。

介護のことは右も左もわからなく、最初はパートで始めました。

そこで、悲劇は始まったのです。

その人が牙をむき出したのは、入社して1ヶ月ほどすぎた頃からでした。

なぜか、その施設は研修マニュアルとかいうものがないのかというくらい、

自分の目で見て覚えなくてはいけないところでした。

でも、右も左も分からない私には、何をどうやっていいのかすら検討もつきません。

主任も副主任もいたのですが、一人の60代半ばの女性が、

私の担当らしく?(これも不確かです)時々、教えてはくれていました。

しかし、牙は1ヶ月の間、研ぎ澄まされていたのです。

そこの施設は特別養護老人ホームですが、私が配属されたのはショートステイというところで、

短期でお年寄りを預かる仕組みになっていました。

施設の仕組みすら分かっていなかった私は、本当に試行錯誤で仕事をしていました。

何も、教えてはいただけなかったのですから。

そして、1ヶ月を過ぎた頃から、その女性はスウィッチが入ったのごとく私に牙を向けたのです。

検討もつかない、教えてもらってもいないことで、

罵倒し、周りに聞こえるくらいの大声で攻め始めたのです。

もう、それは、ひどいものでした。

もう少し、言い方があるのではないか?

それが、いっぱしの大人の言う言い方なのか?

私は、キャディという接客業をしてきたので、

人への言葉がけとか、言い回しとか丁寧語はこれでもかというほど勉強してきました。

おそらく、会社の営業の方と同じでしょう。

それに、私もゴルフのゴの字も知らない人を研修したこともあります。

ですから、人に教えるということがどういうものか、よく知っていました。

でも、いじめはその人一人だけではなかったのです。

その人を中心に周りの知らない人もその人と同じ目で

私を見始め、目の前でいじめられていても無視か、見て見ぬ振り、

もしくは、一緒になって私を責め立てました。

ある日、入浴介助の時です。

従来型の特養でもあったので、約四十人ほどのお年寄りが一斉に入浴されます。

私が脱衣所へ入った途端、その人が、

「この子な~、全然仕事できひんからな~、おらんほうがええねんけどな~!!」

と他のスタッフに大声で言われました。

すると、その中のある看護師が、

「邪魔せんといてよ!!」と言われたのです。

「え???何故???貴女、私のこと知らないでしょう??」

私は、唖然としました。

その言葉の後、ほくそ笑む何人かのスタッフ・・・・・。

そして、入浴介助中、誰一人として教えてくれず、

私は、見よう見まねでやっていました。

明らかに、そこにいるスタッフ全員が私の仕事の様子を物珍しく見ているのです。

「どうやるのですか?」と聞こうにも聞けない雰囲気でした。

”地獄だ!!”と思いました。

そのような事が、度々起こりました。

もちろん、現場の主任、副主任も黙認でした。

というより、無言のうちに私の担当はその人になっており、

その人が一緒の出勤の時には主任、副主任がいても訪ねることさえできない雰囲気だったのです。

私は、堪り兼ねて、主任に相談に行きました。

でも、それが、いじめのエスカレートの火種となったのです。

次の日、その人に呼ばれて、

「あんた!!ええ加減にしいよ~!!誰のおかげで仕事できとうとおもってんねん。

あんたじゃ、使い物にならへんのに、誰が教えてくれるんよ!!もう、あんたには教えへん!!」

といかに私が教えてますと言わんばかりの勢いと罵倒で攻め立てられました。

私はそれに対して、

「お願いですから、もう少し、穏やかに教えていただけませんか?そのような言い方でしたら、

萎縮してしまいます。」と懇願しましたが、

「何が穏やかや!!そんなんしてもあんた、できひんやろ!!ええ加減にしいや!!あんた、何

様やおもとんねん!!」と。

まさしく、鬼の形相でした。

もう、諦めの境地でした。

この人に何を言ってもお願いしても無駄だ・・・と。

でも、そんなある日、その人がお年寄りと言い合いをして、頭を殴っていたのを

部屋の前を取り過ぎようとした時、私は、見ました。

(え???暴力???)

お年寄りは「あんた、痛いやん何すんの!!あんたなんか嫌いや!!」と叫ばれたので、

とっさに止め、私に気がついたのか何もなかったかのようにその人は部屋から出て行きました。

(今のは見間違えだ!!)と思い、私も知らないふりをしていましたが、

それから、何度となく、私は、その人が同じお年寄りに暴力をふるっていたのを発見したのです。

だからと言って、新人の私がその人に注意できる立場ではありません。

その後、また、その人に意味不明なことで罵倒され始めた時、私はプチッと何かが切れました。

「あ!!もう、無理!!」

私は、とっさに事務所へ駆け込みました。

「すみません。施設長とお話があります」

施設長は、快く応じてくださり玄関入り口のソファへ座りました。

「施設長、私、もう、〇〇さんと一緒に仕事できません・・・。」

私は、涙をこらえて今までのいじめの事、仕事の手順ややり方を教われないこと、

それに、他のスタッフもその人と同じような感じだと話しました。

そして、最後に

「〇〇さんが、●●さんに何度も暴力振るっていたところを見ました」

と話が終わるか終わらないかのうちに、施設長の顔色がさっと変わり、

事務所へ行き内線で誰かを呼びつけました。

そして、やって来たのは私よりも10歳ほど若い古い正社員の女性スタッフでした。

やって来るなり、私がいじめられて黙認していたことを注意され、

また、何故対処できなかったのかと問い詰められました。

もちろん、その女性スタッフも私にはきつく当たっていました。

私は、そんなこと一言も言わず、彼女の様子を伺っていましたが、

その女性スタッフは、何も言えずただ頷くだけでした。

彼女が仕事に戻った後、施設長は、

「早急に対処します。が、申し訳ないが、暴力をふるっていたことは、ここだけの話に

してほしい」と。

隠蔽!!そういうこと!!)と私は思いました。

「わかりました」と私は、返答したのです。

そして、次の月私は、別のフロアーへ移動となりました。

再び悲劇が・・・。

しかし、移動になって喜びもつかの間でした。

そのフロアーに前からいた、男性の主任も移動になり、女性の40代独身の主任が

やって来ました。

また、地獄の始まりです。

その女性主任は、目の前で挨拶しても完全無視!!

「どうしたらいいか、教えてほしい」と聞いても

「何故、私に聞くの?教える事など無い!!」と取り付く暇もなし。

他のスタッフとは話すけど、私とは目も合わせない。

何故??どうして??何が悪い??何が気に食わない??

本当にいじめって、何が原因で始まるのか、いじめられるものにはわかりません。

当然、他のスタッフも見て見ぬ振り。

(あ~!!何て、どころだ!!)

もう、誰も信じられなくなって、誰とも話さなくなり、

お年寄りの部屋で、こっそり涙していました。

徐々に体調も悪くなって、朝になると胃に激痛が走り我慢できなくて

医者に行くと診断は、胃潰瘍になっていました。

限界でした。

医者の診断書を見せて、辞表を出し、次の日から辞めたのです。

10ヶ月しか、我慢できませんでした。

ど田舎の村中の人たちが、その施設に働きに来ている状態で、

封建的なものの見方しかできず、変な仲間意識で寄ってたかって

一人をいじめる・・・。

そして、それは、突如として始まり、理由も原因もわからずじまい。

悪いところがあれば、直すのに、気にくわないところがあれば、謝るのに、

為す術もありません。

偏見かもしれないけど、私は、それから、田舎が嫌いになりました。

田舎も都会もないのかもしれませんが、その村から外を知らない人ばかりで

その村でしか通用しない考えで生きてこられたら、他のところからきた人は

珍しいのかもしれません。

よく、よそからお嫁に来た時に村中の人がその家に見にくる??みたいな??

最初は、物珍しいで済んだのでしょうが、何をどうすればこのようないじめに発展するのか!!

それも、大人がですよ!!

20年間のキャディ生活では、キャディの間ではいじめられたことなどなく

また、そういう人がいたとしても、誰かがかばってくれていたかかばいました。

いじめられると言っても、お客様からはちょくちょくありました。

でも、お客様ですからね〜。

それとこれとは違います。

いじめられていても見て見ぬ振りをして、誰も関与しない、

ともすれば一緒になっていじめている。

大人のすることか!!

と言いたかったのですが、そこの施設の方は誰一人として

わかっていなかったでしょう。

最後に

今、本当にいじめに関しての事がもっと水面下でひどい事が起きていると思います。

そして私の場合は、一応大人だし、回避する方法を模索できるけど

子供社会では、中々それは難しく、まして、表面に出ないので

いじめられている子が一人追い詰められて行くのでしょう。

私は、気持ちがよくわかりました。

誰も助けてくれない、誰にも相談できない、誰もわかってくれない。

まして、親にさえも・・・。

これは、いじめられた人にしかわからないことです。

言葉では説明できないでしょう。

それに、今はSNSがある時代。

想像を絶する、とんでもなく陰湿ないじめが存在するのだと思います。

職場だったら、辞めればいいですが、学校となったらそんなに易々と転校はできません。

私の友達の子供もいじめられていたことがあり、中学校に上がる時、

別の学区に変わりたくても校長同士の問題があり、

また、教育委員会も管轄外と言われたみたいで、打つ手がありません。

私の息子の場合は、家族で引っ越しました。

             

           記事はこちら息子がいじめられていました

その時、「元主人は男だったら立ち向かえ!!」と訳のわからないことを言ってました。

よく、いじめの相談の回答で、

”転校したら、またそこでいじめられる!!”

”本人の気持ちの問題だ!!”

とか見ますけど、そうではありません。

転校しても、必ずいじめられるということはありませんし、

自分の気持ちを何とかできたなら、解決するということでも無いでしょう。

特に自分の気持ちに関してですが、私の時もそうでしたが、

普通にしていてもいじめられるのですから、

どのように気持ちの持ちようを変えろというのでしょう。

多分、こうすればいじめられなくなるという方法は無いと思いますし、

気持ちの問題で変われるわけでもありません。

唯一、一人で抱え込まないことです。

自分の周りに話せる人、相談できる人がいなければ、

ちゃんと聞いてくれるところがありますので、決してひとりだと思わないでください。

必ず、手を差し伸べてくれる人はいます。

そして、いじめられる方のことばかり書きましたが、いじめる方も問題です。

親も自分の子供が、誰かをいじめているなんて思いたくはないのは仕方のない事ですが、

いじめている方が少なくなれば、いじめられる方がなくなるのですから、

そこを考えて、子供、職場等注意を払うべきでしょう。

おかしいな??と思ったら、勇気を持っていじめを見逃さないでください。

【法務局等が実施している相談窓口】

【文部科学省が実施している相談窓口】

子供SOSダイヤル

子供SOSダイヤルっていうやつ。一押しの相談窓口だね。

ちょっとだけ勇気を出して相談しましょう。悩んでいることを言う気は必要かもだけど、勇気はいらないかもね。10桁の番号を押して「もしもし・・」するだけだし。

0120-0-78310

*もし、これらの相談窓口に相談しにくかったら、私にも問い合わせで相談してください。

微力ですが、少しでもお力にはなれると思います。経験者として。

余談ですが、次に就職した施設の介護課長さんが、この施設で新卒で働いていたそうです。

彼女曰く、

「よく、10か月も続いたね。私なんか3ヶ月で辞めたよ。

あの施設の人たちみんな荒んでるよね。まともじゃなかった!!」と。

(あ、救われた。私一人が悪いんじゃ無かった!!)

そこでは、まともなことは本当は通用しないことだってあるのですから。

まず、一人で抱え込まないで相談してください。

まほろでした。

*追記 もし、いじめとかがあって、今の職場が嫌ならこちらの記事も読んで見てね         ↓↓↓↓↓↓↓

介護職で転職するなら?どうすればいい??Part1



2 件のコメント

  • はじめまして
    みんな生活があるので、何らかのお仕事は続けないといかないのが現実であり、嫌なことでも時には我慢することも必要です。
    が、
    あくまでも
    『時には』
    のレベルです。
    毎日ではありません。
    たった一人でよく耐えてこられたと思います。
    ご自身がダメになってしまう前に『辞める』という選択肢に気付かれてよかったと思います。

    こう言うことを、相手がどういう気持ちになるかってのが…わかっててやってるんでしょうけど、それで酔ってるようじゃあ人間終わってますね。

    • 記事を読んで頂きありがとうございます。

      いじめをされる方も何かしらの心の病を抱えていらっしゃいます。
      それは、後で気づいたのですが・・・・。

      この経験が、今はとても役に立っています。

      辛かっても、その時に起こることは、私には必要なことなんだと思って、
      受け入れられるようになりました。

      温かいコメント、ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です