金森式ダイエット、はじめました〜!!1日に摂る脂とタンパク質の計算方法。

まほろです。

緊急事態宣言が出て、息子の居る東京行きを全てキャンセルしました。

東京から、帰ってきたら始めようとしていた、金森式ダイエット。

前倒しで、1月11日から始めようと思い、準備しています。

これから、リアルタイムで、記事にしていこうかと思っています。

が、金森式の本を読んでいただいたら、わかるのですが、

本には、一日の脂とタンパク質の摂取量の計算方法が載っていません。

ですので、私が、金森氏のサイトから入手した計算方法を記事にいたしました。

これを知っておくと、1日の摂取量がわかるので、計画を立てやすいと思います。

ご参考にしてください。

 

金森式ダイエットの脂とタンパク質の摂取量計算方法

 

ここから、金森氏のサイトより引用しています。

 

タンパク質、脂質の摂取目標の大方は以下の通りです。

① 減量目的の場合、必要タンパク質摂取量が目標除脂肪体重✖︎1,0グラムで計算。

【例】30歳、155センチ、80キロ、運動レベル低の女性の場合

目標体重 60キロ

目標体脂肪率 20%

目標除脂肪体重の求め方

(1−20%)=80%

60kg×0.8=48kg(目標除脂肪体重)の場合

必要タンパク質摂取量は48グラム

タンパク質1グラム=4kcalなので

タンパク質48グラムをkcalにすると

48×4=192kcalとなる(この数字は③で使用します)

★基礎代謝算出サイト

https://e-medicals.jp/user_data/selfcheck.php

サイト内の(4)あなたの1日の基礎代謝量

あなたの現体重における基礎代謝量は1736kcal/日です。

あなたの標準体重時の基礎代謝量は1147kcal/日です。

と言う結果が出ます。

③先ほど算出した「現体重における基礎代謝量は1736kcal/日」をもとに、

脂質の必要摂取量を算出

断糖・高脂質食を行う場合、摂取カロリーは基礎代謝より増やすべきなので、

おおよそ2000kcalとする

ここからタンパク質分のカロリーを引く

2000kcal-192kcal=1808kcal

つまり、1808kcal分の脂質を摂取するのが理想となる

脂質1グラム=9kcalなので

1808÷9=200グラム

つまり、1日の必要摂取量は以下の通りになる。

タンパク質 48グラム(192kcal)

100g当たり牛肉は17g/豚肉は14gのタンパク質になるので

牛肉のみで48gのタンパク質を摂るとすると、約282gです。(48g÷17g)×100g

豚肉のみで48gのタンパク質を摂るとすると、約342gです。(48g÷14g)×100g

脂質200g(1808kcal)

しかし、断糖・高脂質食の場合、脂質の摂取量は上限無し。

目標摂取量で物足りなさを感じる場合は、タンパク質の過剰摂取に気をつけつつ脂質で補いましょう。

(タンパク質、糖質が0に近く、脂質が多いもので補う。例:バター、牛脂など)

●補足

大事なのは、基礎代謝より低いカロリー摂取量にしないこと。

身体の不調が出やすかったり、リバウンドしやすい痩せ方になってしまったり、

カロリー不足で色素性痒疹になってしまう可能性が上がります。

注意:BUN20が前提になるのでそれに達してなければ、もう少し多めに摂る必要があります。

*BUN20 (これに関連するサイト クリックしてください

数値に捕らわれ過ぎず、食欲が満足する食事量を重視することも忘れずに、

無理なく自分に合ったやり方を見つける補助として活用してください。

 

これに沿って、計算すると個々の摂取量がわかります。

さあ、計算ができたら、何から始めるかですよね。

簡単にご説明します。

断捨離をしよう

平均的現代人の1日の糖質量は、200〜300グラムです。

いわゆる「糖質制限ダイエット」では、1日60グラム以内に収めましょうと言う事です。

しかし、断糖高脂質食ダイエットは、

限りなく0グラムに近い糖質摂取!!

を目標としています。

それに、現代人は無自覚に糖質を摂取しているから、

”断捨離”

を行うのです。

例えば、

・カロリーオフのマヨネーズは普通のものの9倍の糖質

・500mlのペットボトルのブラックコーヒーは角砂糖1個分3,5gの糖質(知らなかった〜!!)

・バランス栄養食には1箱で41gの糖質

・スポーツドリンクには500mlに30gの糖質

・コショウ、唐辛子、わさびにも大量の糖質

コンビニだけでこんなに糖質が・・・・。

まだまだ、知らぬうちに摂取している糖質は恐ろしいほどの量になります。

そして、コンビニだけでなく、家庭にも無自覚に摂取している食品が山ほどあると言う事です。

だから、まず、

”断捨離”

をするのです。

家庭にある、小麦粉・加工品・調味料は全て捨てるか人にあげるかです。

まず、台所にある

・化学調味料入りの塩、こしょう、ゴマ油、しょう油、植物油

・小麦粉の乾麺やパスタ、そば、餅、米等の穀物、

・レトルト食品

・マーガリン(バターはOK)

・果糖が入った清涼飲料水

全て、必要ありません。

え〜!!!それじゃ、全部になっちゃう〜!!!

と言う方がほとんどでしょう。

そうなんです。

普通に生活しているなら、ほとんどが必要なものです。

でも、断糖高脂質食ダイエットをするには、

断捨離するぐらいのストイックさがなければ出来ません。

前の記事にも書きましたが、このダイエットは、ただ、

痩せる!!

だけでなく

身体が健康になる!!

ダイエットなのです。

ダイエットを始める前に、冷蔵庫や食品棚の中を空にする事が手始めです。

そして、新しく用意すべき調味料、食材は、

・魚醤(ナンプラー)

・「雪塩」または、「ぬちまーす」

・ビタミンCの粉末

・MCTオイル

・バター(できれば、グラスフェッドバターを)

・生クリーム(動物性)

・紅茶

・ルイボスティー(「H&F BELX」のアーモンド&ミルク)

・ゼラチン

*雪塩、ぬちまーすは一般の食塩と比べて、カルシウム、マグネシウム、カリウムの含有量が2桁違う。

 MCTオイルはココナッツオイル等から中鎖脂肪酸を抽出したもので、紅茶に入れて飲むと食欲を

 抑えられます。

 ビタミンCに粉末は別の用途があり、また記事にいたします。

 ゼラチンはデザートを作る時に用います。

食材は、主食として、

肉、サバ缶、卵、牛脂

です。

これらを使った金森氏の食事を例としてあげます。

・朝 生クリーム&MCTオイル入り紅茶

・昼 空腹感があれば牛脂スープを1杯

・夜 サバの卵炒め

さ〜て、

”断捨離”

が出来たら、次はサプリメントの用意です。

必須サプリメント

 

金森式ダイエットを実行するには、サプリメントが必須となります。

しかし、国産のものはダメですよ。

含有量がとんでもなく少なくて、「適量」とされている量を飲んでも

断糖高脂質食ダイエットに必要な「値」には、到底手が届きません。

効果がない!!

逆にデンプンで固めていたりするので、良くありません。

そこで、金森氏オススメは

「ナウフーズ 」

のサプリメントです。

金森氏のサイトで紹介されていました。

なぜ、サプリメントが必要なのか???

それは、本を読んでいただくとわかりますが、

説明すると難しくなるので、端的に言いますと、

エネルギーの代謝を促進するのに、

サプリメントが必要!!!

だと言うことです。

それでは、参考までにAMZONで講習した物をご紹介します。

まず、

【ビタミンC】

【キレート鉄】

【オメガ3】

【マグネシウム】

【ナイアシン】

【ビタミンB群】

後は、塩とビタミンC粉末とバターです。

【ぬちまーす】

 

【グラスフェッドバター】

【ビタミンC粉末】

MCTオイルも必要です。

【MCTオイル】

と、こんな感じです。

私も今、サプリメントが揃うのを待っています。

何しろ、アメリカの商品なので、輸送に時間がかかっています。

終わり

はてさて、金森式ダイエットをやろう!!と一大決心した私ですが、

・1、5食

・ビタミンCフラッシュ

などなど。

まだまだ、調べてやることがあります。

やり始めて気づいたことがあります。

これは、

単なるダイエットでは無い!!

本気で健康になるダイエット!!

だと言うことを。

前の記事にも書きましたが、ダイエットマニアだった私にとって、

このダイエットは究極でした。

職業柄、

寝たきりになるか〜!!

ピンピンコロリだぜ〜!!

と常日頃思っていたので、まさに、理想のダイエットです。

医学的には、立証されてはいないですが、

この1年で、劇的に太った私には、とても理解できました。

糖質と言うものがどのように悪さをするか、です。

また、それは、別の記事に詳しく書きますが、

とにかく、糖質の摂りすぎは、決して良くはありません。

ストイックになりすぎてもいけないのだろうけど、

健康診断ALL”A”!!

を目指したいですね。

これから、実況中継で、金森式ダイエットの成果をお知らせしま〜す。

お楽しみに。

まほろでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です